社長ブログ


先日お客様から着火してしばらくすると火が消えてしまうという連絡を受け訪問させていただきました。早速拝見すると煙突の中は思ったほど汚れていませんでしたが、煙突の中を覗くと真っ暗。通常はトップから光が入り込んでいる事が確認できますが、ほとんど光が入り込んでいない様子。早速煙突掃除をして無事写真の様によく燃える様になりました。原因は追加の薪を足すタイミングが遅過ぎたため暫く不完全燃焼を起こしていました事です。煙突トップは外気に触れ最も排煙温度が下がります。不完全燃焼した煙りは冷やされると液化して煙突内部に付着したり今回の様に煙突トップに固形化して付着します。それが原因で煙突のドラフト力を奪ってしまい、ストーブの燃焼室に空気が供給されずに火が消えてしまいます。燃えている炎が見たくて薪を追加してご使用されていた様ですが薪の追加のタイミングをお伝えしてお客様宅を後にしました。どんなに着火当初から燃焼効率の高いストーブでも使い方次第で不完全燃焼は起こります。二重煙突は排煙温度を下げさせない様にする為ですが、煙突トップは断熱材で覆われていませんので、どうしても汚れやすいです。