社長ブログ


オーバーヒートで破損した蓄熱体

写真で色が少し変わっている箇所が確認できると思いますが、オーバーヒートで蓄熱体の表面耐火度が超え剥がれ落ちてしまっています。原因は薪の投入過多。蓄熱ストーブは一般的な連続運転を必要とするストーブと違い、一回の燃焼でストーブが高温状態になり長時間に渡り放熱します。追加の薪の投入の意味は、最高温度に達した蓄熱体をキープさせることが目的です。投入量は2本まで。それ以上入れると更に蓄熱量が増し、耐火度を越してしまいます。耐火度は1250℃以上あります。この様なオーバーヒートは鋳物のストーブから買い替えられたお客様に多く見られます。鋳物ストーブから買い替えられたお客様には薪を投入しない勇気がいるのかもしれません。